ウコン

肝臓サプリはウコンでOK?二日酔い予防だけじゃないウコンの効果とは?

ウコンのサプリメントといえば、肝臓サプリとしてお酒好きの人のスーパーアイテムですよね。お酒を飲む前や後にウコンを飲んでいれば翌朝の目覚めもスッキリ!あの嫌な二日酔いと戦うこともなく一日を過ごせると評判です。

このように、今では聞きなれた言葉となった『ウコン』ですが、その昔、中国から日本へもたらされた植物なんだそうです。

ショウガ科の植物で、暖かい地域でのみ自生するため、日本では鹿児島や沖縄で見ることができます。中国では漢方の生薬として利用されていたり、他にもインドなどではターメリックと呼ばれる香辛料としてカレーに使われたりしています。

日本では特に“秋ウコン”が、体内の解毒効果や肝機能を高める効果があるとして大変注目を浴びており、これが化学的にも認められたため、ウコンのが肝臓サプリとして多く販売されるようになりました。

ウコンが肝臓に効果的なワケ!

ウコンが肝臓に効果的なワケ
ウコンには、二日酔いの防止や肝機能の向上、抗酸化作用や抗炎症作用など、さまざまな効果があることが分かっています。

それらの効果を持つ理由の一つとして、ウコンに含まれる“クルクミン”という成分があります。クルクミンは、肝臓の解毒機能を強化する作用や胆汁の分泌を促進する作用を持っており、この作用が肝機能を向上させる効果につながると考えられています。

そしてクルクミンは、胃や腸で吸収されるときにテトラヒドロクルクミンという化学物質に変化するのですが、これがまた肝臓に強力なパワーを与えてくれるのです。

テトラヒドロクルクミンの効果!

テトラヒドロクルクミンは、さまざまな作用を持っており、血液中のコレステロールの酸化防止、動脈硬化予防作用、病原性大腸菌やピロリ菌の減少などの効果に繋がるよう体中に働きかけてくれます。

ウコンのサプリメントを摂取することで、体内でテトラヒドロクルクミンが効果を発揮してくれれば、このような多くの健康効果が期待できます。
二日酔い防止の目的以外にも、健康維持のため、そして老化防止にも役立つウコン、肝機能を守るサプリとして、活用できそうですね!